この記事を上げている今現在の日付は2017年12月24日、そう




クリスマスイブです。







許さんぞ




今日CFNで活動を確認できなかった奴、絶対にぶち殺してやるからな……




日曜日なのでブログを書きます。



『その場受け身からの暴れ→コンボ』をする



というわけで、先日は講習会お疲れさまでした。不慣れなところも多くご迷惑をおかけしたところもあったかと思いますが、参加して頂いてありがとうございましたm(__)m


で、暇なので先日自分の説明等がへたくそで上手く伝えきれていなかった、これだけはやってほしい『その場受け身からの暴れ→コンボを行う』ことについて少し補足したいと思います。



暴れるならコンボする


その場受け身から最速で暴れた際は、カウンターヒット始動でコンボに繋げることを徹底してください。出来れば最大ダメージ(もしくは最良の〆の形となるように)で。


で、ここまで書いておいてなんですがこの先の説明で上手く言葉が出てこないのでひとつ分かりやすい状況を考えてみます。


ここにかりんAとかりんBがいます。どちらも立ち回りやコンボは似たようなレベルですが、起き上がり後の暴れでやることが違います。



かりんA…その場受け身後『最速しゃがコパ>中足>立ち中K』まで入れ込んで距離を空ける





かりんB…その場受け身後『最速しゃがコパ>しゃがみ中P>中足』まで入れ込んでヒット確認から天狐まで繋げる







どちらも『起き上がり後最速で3F技を出している』という点では同じですが、その後の行動が大きく違います。


…これ、かりんBの方が絶対嫌ですよね、やられたとき。


かりんAは起き上がりこそ暴れに成功して瞬間的にかりん有利な状況を作れていますが、結果としてはほぼ五分の状況です。動画ではバクステしていますが、これが前飛びとか中足→大蛇みたいなことでもあまり大差ありません。


一方かりんBは暴れからコンボに繋いで、かなりのダメージを負わせています。動画内では位置の入れ替えも行い安全に端攻めが開始できるような状況になっています。


『その場起きから最速暴れをした』ところまでは同じですが、それをコンボにするかしないかだけで得られる物に大きな差が生まれます。恋人がいるクリスマス』と『ひとりぼっちのクリスマス』くらいには大きな差があります。










書いてて頭の血管がはちきれそうになっています。




実際にかりんBと似たようなことをやられて「きつい」と感じた覚えはあると思います。


動画は極端な例かもしれませんが、実際にかりんAのようなことをしている人は結構います。ここをかりんBのようにするだけで試合の流れや勝率はグッと変わります。






他にも色々書けそうなのですが自分の言語化能力があまりにもあれなのでとりあえずここで終わります。


来年は俺だって……お、おれだtt……う……うぅ……