figure_ouen


その2は『ショットコーラー』、チーム内における意思決定についてです。



チーム内の意思決定を統一するために必要なのはリーダー的存在



『ショットコーラー』とは、試合中狙うオブジェクトを決めたり、誰をどこに配置するかを判断したり、集団戦を仕掛けるタイミングを決めたり、チームに指示を出すプレイヤーのことを指します


5人がチームを組んで行う以上、円滑なコミュニケーションは欠かせず、全員が同じ目標を共有し、同じ方向を向いていなければいけません。


そのためにはチームのまとめ役となる存在が必要であり、それがショットコーラーと呼ばれています。


LOLやDOTAなどのプロシーンにおいてはチームに一人以上必ずその役割を担うメンバーがいます。プロでなくてもチームを組んでMOBAをプレイする場合は大抵このショットコーラーがおり、チームにおいて重要な役割を担っています。



どこまで指示をだすのか



チームにもよりますが、PARAGONに例えると

  • ○○の位置にワードを指す

  • だれだれとだれだれで黒バフを狩る

  • 左に〇人よって他の人は右を押す

  • オーブにラッシュする、とどめに○○さんのUltを使用する

というくらい細かく指示する場合もあります。


ショットコーラーにどれくらい委ねるか、責任を負ってもらうかはチームにもよりますが、大事な判断などはショットコーラーの鶴の一声にかかっています。



意見がばらばらなのは当たり前、そのためのショットコーラー



今回のLast of Agoraは事前にチームを組んで参加する形式を取っています。いつも一緒にやっている人と組むこともあれば、今まで関わりが無かった人と組むこともあるでしょう。


初めて声を聴いた人がいるようなチームが、まだそれほど月日が経っていないという状況では意見や優先順位にズレが必ず生じます。長い付き合いのチームですら意見が割れることなんて当たり前なんですから。


ですから、そうした意見がまとまりやすいようにショットコーラーのような存在がいた方がいいのではないのかなと個人的に感じた次第です。



誰が適任か?



基本的にゲームに精通している人、例えばレートが一番高い人が行うのが分かりやすいのですが、多くの人から信頼されているプレイヤーがいる場合はその人に託してもいいかと思います。


ここら辺はそれぞれのチームの内情に関わってくるのですが、「間違えてもこの人なら全然OK、しょうがない」と思える人がいいのではないでしょうか。ぎすぎすせず、楽しくゲームしたいですからね!



ほんとに必要なのぉ?



まぁ、必須というわけではないんですけどね!(*´ω`*)


ただ、滞りなく、即座にチームとしての意思決定ができる環境は整えたほうが『勝ちやすい』ことは間違いありません。そのための選択肢の一つとしてどうでしょうか、というお話でした。







そろそろチームも決まってきましたし(募集締め切りも近いので締め切られました。参加する6チームの皆さん、よろしくお願いします(*´ω`*))、スクリム(練習試合)を組んでみるのもおもしろいのではないかなーとか思ってます。せっかくAGORAが核の炎に包まれてMONOLITHがやってくるという珍しいタイミングなわけですからね!